もうすぐチャリティペタンク大会!岐阜市の後援も決定!

今月の14日に開催されるチャリティペタンク大会
秋の大学対抗ペタンク大会を支援するための宣伝と資金集めを行う。
主催するラミカルクラブのメンバー達の準備も進んできた。

既に、岐阜県ペタンク協会やCIEP-japon(国際ペタンク指導協会日本支部) の後援は決まっていたが、新たに岐阜市の後援が決定した。

このチャリティペタンク大会、当初は身近な仲間を集めたイベントとして準備を始め、簡単なチラシを作って参加者を募集した。
しかし、愛知県を中心にイベントの趣旨に賛同する参加者が多く、トリプルス20チームが出場する小さな大会並みの規模になってきた。

正式な大会要項などは作成してなかったので、色々と問い合わせも多く、主催者としては少し反省している。
そこで、このブログ上で大会の内容を説明することにしたい。

大会(正式名称は、チャリティペタンク大会 IN GIFU)は4月14日(日)(雨天の場合は21日(日)に延期)に岐阜市長良河畔にあるホテルパークの隣の花木(カボク)広場で開催される。


花木広場は30数年前岐阜で最初のペタンク大会が開催されたという伝統の場所。
昨年春にリニューアル工事が行われ、トイレが整備され、周囲にウッドデッキが設置されオシャレな公園になった。
近くの河川敷には広い無料の駐車場もある。

8時に受付を開始して、主催者がチーム編成を行う。
受付とチャリティが済んだ方には淹れたてのコーヒーとクロワッサンが用意されている。
9時から試合を開始。午前中に3試合を行う。

試合は時間制限無しの11点先取。全チームの試合結果の上位2チームのみが午後からの決勝戦に進む。

午前の3試合が終わったチームから自由に昼休み。
食事が終わった頃からティールゲームのイベントが行われる。

ゲームが終わるといよいよ決勝戦。決勝戦は時間制限無しの13点先取
ウッドデッキの前に決勝用のコートが設けられ、全員で観戦、応援する

それが終われば、表彰式と閉会の挨拶で終了だ。

公園の隣のホテルパークには素敵な露天風呂があり、大会後はそこで寛ぐのがおすすめ。
優勝チームには温泉券が贈呈されるが、誰でも千円払えば入浴できる。
屋上の露天風呂からは金華山と長良川が見渡せて、岐阜観光のエッセンスを満喫できる。



以上、随分ざっくりとした大会要項だが、なんとなくイメージは伝わっただろうか?

今までにない一味違ったペタンクイベントを目指している(と勝手に自負している)。

興味のある方は是非ご参加を!


“もうすぐチャリティペタンク大会!岐阜市の後援も決定!” への1件の返信

  1. 昔ホテルで泊まり木立の中での試合に参加しました。懐かしい思い出の地です。pリーグ時代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です